就職活動の留学のアピールポイントと注意点

subpage-img

留学の経験は、人生にとって非常に大きいものであって時に考え方や価値観さえも変わってしまうほどです。
異国の文化に触れ、新たな言語を学び、新たな友人をつくることはもちろん就職活動においてアピールできる材料になります。
大学生には留学したことのある人も多く、英語が喋れることやその地のことを自己PRや学生時代に頑張ったこととして使おうとする人も多いです。
これらをアピールすることはいいことです。
グローバル志向が強い昨今、海外経験のある学生はそうでない人よりも人事が興味が湧く可能性は大いにあります。ですが、ただ留学に行ったことや外国語が話せることをアピールしてもあまり意味はありません。

大事なことは、何を目標として行動したのか、そしてそれらの経験を通じて何を学ぶことができ、どうやってその企業で活かしていくかということをすべて説明しなければ意味がないのです。

あなたが探していたガジェット通信の情報収集がもっと楽になります。

留学をアピールする人の多くの人がその国に行ったことや言葉を話せるようになったことしか言いません。

それでは、旅行に行ったこととなんら変わらないとされてしまい印象は悪いです。
そして、もう一つ大事なことがあります。

それは外国語は言葉であって、それはツールでしかということです。



就活ではコミュニケーション能力が求められますが、外国語を話せればこれがあるというのは大きな間違いです。外国語を使って何をしていくのか、どんなビジネスを展開していきたいのかを考えていかなければなりません。



このように、就職活動では留学したことはアピールするのにとても良いネタです。

それをどうアピールするのかをきちんと考えれば必ず相手に伝わります。


大切なのは状況を整理し、何を伝えたいのかを明確にしてかつ将来のことも考慮することです。

top